キャッシングのククククエスチョン

まずはじめに・・・

キャッシングは今や誰でも利用できるといっても過言ではありません・・・主婦やフリーターをはじめ、学生でも利用できますからね。

 

それもあってか、安易にお金を借りた事が原因となり取り返しのつかないことになってしまった...、何て話もよく聞くようになりました。

 

計画的に利用することが大前提ですが、何かあった時に困らないためにも、色々な知識を身につけておくことも必要かもしれませんね。

 

キャッシングの借り換えって?

 

借金を借金で返すということは、あまりお勧めできないのは事実です。それこそ、深みにはまって、ゴールの見えないマラソンを永遠に走り続けなければならない事にもなりかねませんからね。

 

しかし、消費者金融の借り換えをするというのであれば、そのゴールはぐっと近くなります。今ある借金分を別のキャッシングで借り入れして、全額返済にあてる事を借り換えといいます。

 

これが同じ金利のキャッシング会社であれば全く意味はないわけですが、低い金利の所であればその分支払い総額は安く済みます。

 

さらに消費者金融会社の借り換えならば、銀行系で済ませた方が確実です。まず、他と比較して金利が非常に安いですからね。

 

さらに、多額になったとしても総量規制の対象外となるので融通がききます。その上、銀行なので安心感もありますしお勧めです。

 

ただ、利用するとなると敷居は高く、中々簡単には行きません。また、住宅ローンの借り換えの場合はある条件をクリアしなければならないので、申し込んだところで必ずできる保証もありません。

 

そんな時は、消費者金融でも名称は違ってきますが、借り換え専用のローンを設けているところがあります。もちろん審査は必要ですが、銀行系と比べると比較的利用し易くなっています。

 

キャッシング会社のカードローン

 

物を買う時には、お金を払うのは当たり前の事ですよね。それこそ、支払いをしないでそのまま持って行ってしまえば犯罪です。中にはカードを使って、買い物をする人もいるでしょう。

 

この場合、クレジットカード会社が購入者の代わりに商品の代金を支払って、翌月に利息分も合わせて請求という形になります。では、キャッシング会社のカードローはどうでしょうか?

 

クレジットカードを発行しているキャッシング会社もありますが、基本的にはローンカードを発行して借入れを行う方式をとっています。

 

そのカードさえあれば、例え返済が済んでいなかったとしても、利用限度額内であればキャッシングでお金を借りる事ができます。

 

つまり、急な入用や出費などでお金が必要といった時に、そのローンカードさえあればいつでも引き出せるというわけです。

 

ただ問題はキャッシング会社(消費者金融)の場合、返済はリボリビング方式が採用されています。この方式は、毎月一定額での支払いとなるので一見すると手軽にできるように見えます。

 

しかし、利用期間が長引けば長引くほど、利息も膨れ上がるというデメリットがあります。その為にも、しっかりと管理しなければいけません。正にご利用は計画的にというわけですね。