通信制高校

通信制高校の卒業の条件について

こんにちは!福岡です(^-^*)/

通信制高校を卒業するためにはどのような条件があるのでしょうか。実は必ずクリアしなければならない条件が3つあるのです。そこで今回は、卒業するための条件とそれぞれの内容について説明していきたいと思います。

 

合計3年以上の在籍期間が必要

高校の卒業条件として、全日制・定時制・通信制、すべての高校は、3年以上の在籍期間が必要になります。

そのため、3年以下の在籍で卒業することはできません。

通信制高校 卒業条件

出典元:photoAC

74単位以上が必要

高校には単位制と学年制があり、学年という概念が薄い通信制高校では単位制が導入されております。

単位制とは、各科目ごとに単位数(学習時間数)が設定されていて、その単位を満たせば卒業できるという、学校教育法で定められた制度です。単位制では在学中に74単位取得すればいいので、留年が存在しません。

一方、学年制は多くの全日制が導入している制度で、1年間に修得しなければならない単位が決められており、足りない場合、留年となり次の学年へ進めません。この単位数は、単位制でも学年制でも74単位以上必要となります。

 

転入と編入 (単位の引継ぎについて)

高校の途中で辞めてしまい、その後別の高校に入学することを編入といいます。辞めた高校で取得した単位は次の高校に引き継ぐ事は可能ですが、気を付けなければならないのは、学年の途中でやめた場合です。

1年の途中で辞めてしまうと、単位はゼロになってしまいます。学年制を採用している全日制高校では学年の終わりに単位が取得できるため、途中で辞めた学年の単位は引き継がれません。

一方、転入とは、高校に在籍中の生徒が別の学校へ入学することです。この場合、単位習得中に他の学校に移ったことになるので、前の学校の単位を引き継ぐことができます。

前の学校の出席日数と単位数によって、同級生と同じタイミングで卒業することも可能となります。

 

30単位以上の特別活動が必要

通信制高校も全日制高校と同じように行事や課外授業などがあります。例えば、体育祭や文化祭、修学旅行やホームルームなど学校によってさまざまですが、これらは特別活動と呼ばれます。

3年間で、30単位(1単位=50分なので25時間)以上の特別活動参加も、高校卒業の為の条件となっています。

スクーリングが年に数回しかない学校は、まとめて特別活動を行うことで条件を満たすことができます。学校が近くにない場合は、連携する姉妹校や宿泊施設などを利用して特別活動を行う学校もあります。

ネットなどでの学習で特別活動を行う学校もありますが、全てをまかなうことはできないため、一度も登校しないで卒業することはできません(/□≦、)

 

通信制高校を卒業するための条件まとめ

通信制高校を卒業するための条件は大きくわけて3つになります。

これは、どの高校でも同じです。

  1. 合計3年以上の在籍期間が必要
  2. 74単位以上が必要
  3. 30単位以上の特別活動が必要

3つの条件を最短でクリアするためには、計画的に学習を進めて単位を取得することが必須になってきます。